2017.3.113月11日

3月11日。

公園から帰ってきて宿題をしたり、工作をしたり、思い思いに過ごす子供たちを集めて、みんなで車座になって座りました。

「今日は何の日かな?何があった日かな?」

私の問い掛けに一瞬キョトンとする子供たち。でもすぐに、

「わかった!!地震」と答えが返ってきました。

「そうだね、地震だね。」 静かに話し始めました。

6年前に東北で大きな地震が起こったこと、そしてその直後に津波が押し寄せたこと。1万5千人以上の方が亡くなった事。今もまだ2500人以上の方の行方が分からないこと。

福島では原子力発電所が被災し、放射能が漏れてしまったこと。そのため故郷を離れ避難している人たちが、今も不当な差別を受けていること。

「学校でいじめにあっている子達もいるんだよ。どう思う?」

「ひどいと思う」「いけないと思う」口々にいじめを否定する子供たちに少し安心。

地震が起きたらまず、何をするのか。机にもぐる、窓を開けて逃げ口を確保する。そして津波に備えて、とにかく高いところへ逃げる。家の人と待ち合わせ場所を話し合っておく。いろいろな意見が出されました。

そう、全て正解。自分の身は自分で守る。これは大切なこと。

地震の話を真剣に聞き、自分で考え、被災された方たちの身になり共感する。そして、避難先でいじめにあっている子供たちを思い、いじめNOと言える。

改めて子供たちの強さ、逞しさを感じました。

発生の時間に合わせて行った黙祷は、みんな真剣に一言も話さず目を開ける人も一人も居ない。

3月11日。この日に何が起こったのか、今はどうなっているのか。そして未来に向けて何をするべきか。

みんな、それぞれ考える時間になったと思います。

自分の身は自分で守る、そして願わくば、周りを助けられる子に。私の願いです。