2020.7.8七夕祭り☆

昨日の 7月7日は七夕でしたね。皆さんも願い事はされたでしょうか?

 今のように短冊に願い事を書き笹竹に吊るす様になったのは江戸時代なんだそうです。織姫と彦星の物語といい、なんともロマンチックなこの七夕のお祭りは現代でもみんなに親しまれていますね。

スクールでも短冊に願いを書いて飾りつけをしました。五色の短冊🎵とはちょっと違うスクールならではの色の短冊が部屋を彩ってくれました。

子どもたちは、将来の夢や家族の健康、学力アップなど 、みんなそれぞれ願いを込めて書いていました 。職員の大きな夢が書かれた短冊も子どもたちのものに紛れて飾られました。

ところで七夕に願い事をする風習どう始まったのでしょうか❓


その由来は               

はた織りの上手な織姫にあやかり裁縫の上達を願う儀式から始まったみたいです。 そしてお願い事をする相手は織姫様だということでびっくりです。                江戸時代には寺子屋に通う子どもたちが、字の上達を願ったことから、その後いろいろな願い事をするようになったのだとか…     

スクールのみんなの願いも織姫様に届くといいですね❕
織姫様も一人一人の願いに向けた努力を空から見ているかもしれません。

願いを叶えてもらうため、精一杯努力する姿を織姫様に見てもらわないといけないですね。

梅雨真っただ中の今、本日も残念ながら雨☂です。

また天気が良くなったら、東の夜空を見上げてみて下さい。夏の大三角の頂点に輝く3つの星の、一番明るく見える星がベガ(織姫)、2番目に明るく輝くのがアルタイル(彦星)です。短冊が間に合わなかった皆さんも、少し遅めの七夕気分を味わいながら、織姫様の星☆ベガに願いをかけてみてはいかがでしょうか