放課後デイサービス イーネットスクール

🥚卵の殻のアート

 ワッフルに続き春休みの創作活動第2å¼¾❣

今回は希望者の皆さんに挑戦してもらった『イースターエッグ』作りの様子を紹介します。

 イースターはキリストの復活をお祝いするお祭りです。ハロウィンやバレンタインに続き、日本でもイベントなどで、その認知度はじわじわと高まって来ていますね。

そんなイースターのモチーフとして特に有名なのが、カラフルに彩られた卵🥚『イースターエッグ』です。

今回は卵の殻にプラス、これまた殻で作られたカラーサンドで絵柄を描いてイースターエッグを仕上げてもらいました。

まずは

色紙でエッグスタンド作りからスタートです!

手順書を見て、職員と一緒に一つ一つの工程を確認しながら折り進めていきます。

中には手順書を見るだけで、さっと折りあげることができる子もいました❣

次に卵が割れないように下絵を描きます。

(下絵を描かなくても大丈夫❣という子は次の工程から行いました)

  国旗の絵柄が素敵❣

①ボンドでなぞるため、あまり細かい下絵にしない

②エッグスタンドで隠れてしまう下の部分には描かない

上の2点を約束し、あとは思い思いにイメージしたものを描いてもらいました。

皆さん割れやすい卵の殻を手に、真剣そのものです!

下絵をそっと消すFさん

中には...💧

せっかく下絵を描いた卵を落してしまいパリン😢、下絵を描く時に卵を持つ手に力が入りパリッ😢

なんてことも💦

卵の殻は繊細です。中が空洞だとなおのことです‼

みなさんいつにも増して、集中して取り組んでいました。

下絵が描けると次はカラーサンドの色選びです🌈

出来上がりをイメージして、その色に色付けしたい所だけにボンドをつけます。

カラーサンドをかけると面白いように絵が浮かびます。

今回の作業では、使い終わったカラーサンドを、色が交じり合わないようにそれぞれの瓶に片づけることも課題の1つです。

細かなカラーサンドがこぼれないように敷いた紙の上で作業を進め、1色ごとに慎重に片づけをしてもらいました。

個性豊かなイースターエッグの完成です🥚🌟

作品を手に皆さん自然と笑顔がほころびます☺

春を感じさせる
素敵なイースターエッグが勢ぞろい

見ているだけでもなんだか楽しくなる、手作りのイースターエッグ🥚

この時期のインテリアとしてもピッタリではないでしょうか🌟

カテゴリー別

月別