子どもの持っている力を伸ばしたい
子どもが安心して過ごせる場所を作りたい

発達に凹凸があるお子さん一人一人に合ったカリキュラムや進捗ペースで、
個別支援学習やジョブレッスンなどを通じて非認知能力を高め、お子さんの自立をサポートします

お子さんが元々持っている力を伸ばし、社会と適切に関われるように支援し、
学校と家以外にも安心して過ごせる環境を提供します

アセスメント方針

子どもの特性や課題を
カウンセリング

子どもの得意な事、苦手な事をヒアリングして、それぞれの子どもに合うカリキュラムの構成を行います。

保護者の悩みや状況を
カウンセリング

保護者の養育の悩み、課題の共有、サポートしていく事で、保護者と子どもの関係を良好にするための支援計画を考えます。
保護者のゆとり時間の確保、ペアレントトレーニングの提案と支援を行います。

先生と課題や情報を共有

各教育機関、医療機関等と子どもの課題や情報の共有をして、支援計画の充実につなげます。

子どもの3つの力を伸ばすカリキュラム

集中力 - 個別支援学習

アセスメントに基づいて、児童に合ったカリキュラム内容・進行ペースを第一に学習支援を行う。テキストには、個別支援学習で評価の高い公文(くもん)で行います。学校の宿題支援も可。

考える力 - プログラミング学習

IT・プログラミングを学習する過程で必要な論理的思考力を身に付ける。プログラムのトライ(改善)&エラー(失敗)のプロセスを学ぶ事で分析力を養うデジタル教育を行う。

働く力 - ジョブレッスン

実際の仕事で必要なコミュニケーション力や応用力を養うために、擬似又は実務によるお仕事体験カリキュラム。共同作業をしたり受け答えの練習を行うことで社交性やコミュニケーションの向上を支援する。

スケジュール

平日のスケジュール予定

15:00 バイタル
おやつ
宿題
16:30 公文(くもん)
個別課題(個々に必要な支援を行います。)
・学習プリント
・パソコン学習
集団活動(月3回くらい)
・SST等
18:30 お迎え

休校日のスケジュール予定

9:30 バイタル
10:00 公文(くもん)
個別課題
宿題
12:00 昼食・休憩
13:00 集団活動
・SST、外出、創作
個別活動(必要に応じて)
・パソコン学習
14:45 おやつ
15:30 お迎え

※スケジュール内容はお子さんの支援計画によって異なる場合があります。
バイタル= 体温などの健康チェック SST= ソーシャルスキルトレーニング

施設休日

日曜日・祝日
GW 5/3~5
お盆 8/13~15
年末年始 12/29~1/4
他(当事業所の指定する日)

送迎について

原則、お子さんの送迎はしておりません。
平日は、15時以降に事業所まで来て下さい。
18時30分までにお子さんのお迎えに来て下さい。
休校日は、9時30分以降に事業所まで来て下さい。
15時30分までにお子さんのお迎えに来て下さい。

※休校日の日程は、市町村によって夏休みや冬休みなどの長期休暇の期間が異なりますので、一律してスクールで日程を決めております。

利用されているお子さんの1日

学習障害(LD)の小学生

物忘れや宿題のスケジュール管理やコミュニケーションで悩んでいる。学力は標準以上。

書字障害や読字障害があり、学校の授業ペースについていけるのか不安で悩んでいる。本人に合った学習方法にてフォローを行ったり、公文(くもん)テキストでの繰り返し学習において自信がつくよう支援しています。

広汎性発達障害の中学生

学習面での理解度や高校の推薦受験時の面接対応で悩んでいる。

公文(くもん)テキストを利用して、基礎学力の向上を目指し、模擬面接の練習や時事問題の練習を取り入れ、受験の対策を行っています。またパソコンにてタイピング練習やインターネットを使った情報収集の方法について学んでいます。

利用の流れ

利用料金

放課後等デイサービスは市区町村発行の受給者証があれば9割が自治体負担となり、1割が自己負担となる制度です。利用料金は自治体によって定められており、おおむね7,500円~12,000円です。利用者のご負担は1割なので1回あたり750円~1,200円となります。

また、レクリエーションやイベントの際の参加費を別途いただく場合があります。支払い方法は銀行引落し又は現金でお願いしております。

世帯所得ごとの月額上限額

利用料金として負担いただく金額は、世帯所得に応じて上限額が定められています。上限額以上のご負担はありません。

非課税世帯(生活保護や低所得など)のご家庭 0円
世帯所得約900万円までのご家庭 4,600円
世帯所得約900万円以上のご家庭 37,200円

利用料金の例

学習障害(LD)の小学生

1ヶ月の間に2回、イーネットスクールを利用しました。

2回利用した中から1割をご負担いただくので1ヶ月の利用料金は2,400円となります。

広汎性発達障害の中学生(世帯所得約900万円までのご家庭)

1ヶ月の間に12回、イーネットスクールを利用しました。

12回利用した中から1割をご負担いただくので1ヶ月の利用料金は14,400円となります。

世帯所得約900万円までの場合は、利用料が変わります。上限額の4,600円になります。

料金についての詳細はイーネットスクール又は各自治体までお問い合わせ下さい。

施設内風景

アクセス

写真付きのアクセスマップを見る

BLOG

2019.9.11 防災週間!

もっと読む

自己評価表の公表

令和元年「イーネットスクール」放課後等デイサービスの自己評価表の公表を行います。
この自己評価は、支援の質の向上のため、厚生労働省のガイドラインに沿って作成されました。
ご参考にしていただければ幸いです。

令和元年自己評価表(保護者向け)

令和元年自己評価表(事業者向け)